MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

母乳

【米国発】驚きの母乳売買サイト

先日、フェイスブック上で、友人のアメリカ人ジャーナリスト(近ごろ第二子を出産したばかり)のこんな投稿を見つけて、ちょっと驚いた。

「新生児を養子に迎えたばかりのこの幸せなカップルに、自分の母乳を提供できて光栄よ。赤ちゃん、私の母乳を飲んでご機嫌ですって」

満面の笑顔の彼女と、女性2人のカップルの3ショット写真が添えられている。どうやら彼女、同姓婚カップルが養子縁組した新生児に、余った母乳を無償提供したようだ。


昨年11月の大統領選挙と同日行われた住民投票で、アメリカのいくつかの州で同姓婚が合法化されたので、このカップルが同姓婚であることは驚くべきことではない。
何に驚いたって、彼女が「素晴らしいサイト」として紹介していた、”Only The Breast” (http://www.onlythebreast.com/)というこのサイト。その名の通り、“母乳オンリー”の売買サイトなのだ。
さすがアメリカ、こんなサイトが存在するとは……。続きを読む

母乳育児「できている」のは半数以下、雑誌では「乳活」特集も

ベネッセ「たまひよ」では、「母乳育児」についての調査を実施した。その結果によると、妊婦207人を対象に「産後は母乳で育てたいか」をきいたところ、じつに【97.6%が母乳育児を希望】していることがわかった一方で、産後~1歳11ヵ月までの母親301名を対象に「生後3ヵ月までの授乳状態」をきいた結果では、【完全母乳は44.2%】であることが明らかになった。

続きを読む

断乳でもなく卒乳でもなく、FO乳(フェードアウト乳)

「欲しがる時に吸わせまくればオッパイは出る」

上の子の子育ての時、完全母乳になれなかった私に周りの母親たちが教えてくれた。

出産した病院の冊子には、こう書いてある。
「『泣いたらおっぱい』はやめて……
 泣くのは僕にとってただ1つの運動なんだ。
 必ず3時間はあけてのませてね」


産院の指示に従い、「3時間空け・片乳5分ずつ」キッチンタイマーで計りながら授乳をした。
それでは足りないと娘が騒ぐので、指導に従い少量のミルクを与える。
泣かせ続けることの辛さに、授乳回数とミルクの量をこっそり増やした。

1ヵ月検診で、「指導を守らないから完全母乳にならない」と産院に放り出された。
その後、周りの母親たちを見ながら、「産院の指導が悪かったせいだ、次は絶対に頻回授乳にして完全母乳にするんだ」と誓った。

4年後、次の子を別の産院で産んだ。
今度の病院は、「欲しがったら飲ませてね」といい、添い乳の仕方も教えてくれた。

今度こそ。
こんどこそ。
……あれ?

続きを読む

【NY発】「赤ちゃんにとって母乳が第一!」運動、始まる

いよいよ来月、ニューヨーク市で、行政主導の母乳育児推奨運動「Latch On NYC」(※ラッチオンとは、おっぱいに吸いつくという意味)が始まる。

病院での粉ミルクのサンプル配布をやめさせて母乳育児の利点を広め、ニューヨーカーに母乳育児を推奨するこの運動、2002年の就任以来、禁煙や肥満対策など、市民の健康増進に取り組んできたブルームバーグ市長の肝入りで発案されたもの。

母子の健康に良いという理由で、今度は育児の方法にも介入しようとする市長の方針には、反発も出ている。


Latch On NYC initiative Hospital postersより
(http://www.nyc.gov/html/doh/html/ms/latchonnyc-hospital-posters.shtml)

続きを読む

私のミルク戦争 ~「完母」は母親の矜持と自己満足?~

今月中旬のニューヨークタイムズに、The Milk Wars(ミルク戦争) というタイトルのオピニオン記事が掲載された。


ニューヨークを拠点に活躍するフリーライターが、娘を出産直後の病院で医師から「粉ミルクは悪だ」と母乳育児を強要された体験を基に、産休/育休が数週間しか取れないアメリカで完全母乳育児を続けることの難しさを訴え、母乳育児礼賛の昨今の風潮に異議を唱えたもの。
続きを読む

みんなでおっぱいをあげる一斉授乳イベント!「ナースアウト」が8月8日に全国27地点で開催

母乳育児中の母親が集まり同時におっぱいをあげることで、社会にその重要性をアピールするイベント「ナースアウト」が、8月8日午前11時から1分間、開催される。

ちなみに「ナースアウト」とは、「Nurse(=授乳する)」「Out=(外で)」という英語の意味。元々は、母親が公共の場で母乳をあげないようにと注意されたことへの抗議として始まった活動であるという。

続きを読む

赤ちゃんへのミルクの与え方がIQに影響する!?

「要求に応じて」と「スケジュールに沿って」で比較


3月19日付けのgoogle.comの記事によると、赤ちゃんの要求に応じてミルクをあげていた母親の子どもは後に高い知能指数を示し、学校での成績もよいという結果が報告された。この研究で、赤ちゃんのときに「要求に応じて」ミルクを飲んでいた8歳の子どもの結果は、「スケジュールに沿って」ミルクを飲んでいた子どもと比べると、4~5ポイント高かった。


エセックス大学とオックスフォード大学の研究者たちは母親を3つのタイプに分けて見てきた。4時間ごとなどスケジュールに応じてミルクを与えてきた母親、スケジュールに沿って与えたかったができなかった母親、赤ちゃんの要求に応じてミルクを与えてきた母親の3タイプである。続きを読む

母乳中の「頭のよくなる」栄養素が約20年で2割減!「赤ちゃんに届くDHA」サプリが登場

粉ミルクブランド「すこやか」「つよいこ」で知られるビーンスターク・スノーの研究によると、日本人の魚介類摂取量が年々減少していることもあり、2008年の母乳調査における母乳資質中のDHA量は、1989年調査結果よりも約2割も減少していることが明らかになった。

bonyu

魚介類に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、体内では作ることができない必須脂肪酸のひとつであり、俗に言う「頭のよくなる」栄養素としても知られている。続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi