女優の小雪が第二子を出産した、韓国の「産後調理院」が話題になっている。改めて、産後調理院とはどのような施設なのか?

産後調理院は、出産を終えた女性の体の回復を専門的にサポートする民間の施設で、約10年前から韓国で普及し始めたという。約2週間から1ヵ月の間、専門の看護師が24時間体制で赤ちゃんの世話に対応してくれるので、母親は出産でダメージを受けた体の回復に専念できる。韓国では出産した女性の約40%が利用しているそうだ。

産後調理院にかかる費用は、一般的に1週間で10万円ほどだが、最近では高級なサービスも増えてきている(ちなみに小雪は2週間で60万円のVIPルームに滞在したという)。

koyuki

2011年に韓国内の産婦人科を訪れた外国人は約2万人。その内約1割が日本人だそうだ。出産費用が安く済むのが一因だというが、産後調理院の存在も大きいといえよう。

続きを読む