夫が、機嫌悪いついでにぼそっと言った。
「いいかげん、そろそろもう少し手ぇかからなくなってくれよ」
子育てしていれば、男もぼやく。いらっともする。まぁそうだ。たしかに私もそう思うこともあるさ。しかし、だ。その言葉、あなたが放つのですか。その「手ぇかかること」のフォローに圧倒的な時間と労力をかけてしてきたのは私の方だろう。

……こちらも虫の居所が悪くて、そんなもやもやいらいらがうずまく。

■どっちかどれだけ?の分量合戦


あぁ、そうだ、なんだかいつだってこうなんだ。どっちがどれだけやっているか、その割合が頭の片隅にある。

「その程度しかやってないのに○□○□○□……」
「こんなにやってるのに○□○□○□……」

口に出さなくても、たぶんいつもそんなカウントをしている。

まず子どものこと。生活の面倒、遊び相手、発達や学習のフォロー、病気の時の世話……。どっちがどれだけやっている?

そして家事。料理、洗濯、そうじ、買い物……。どっちがどれだけやっている?
お金もそう。どっちがどの仕事でどれだけ稼いだか……。どっちがどれだけ何に使ったか……。

ちょっとした言葉にカチンとくるのは、なんだかたいてい、そのバランスに帰結しているんだ。


続きを読む