MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

虐待

児童虐待のニュースに7割のママ・プレママが「他人事ではない」

妊娠・出産・育児情報サイトの「ベビカム」では、「児童虐待」についてのアンケートを実施し、その結果を発表した。調査は同サイト上で、現在妊活・妊娠・育児中の方を対象に行われ、回答総数は678名。

調査ではまず、「児童虐待のニュースを見聞きして、他人事ではないと感じたことがありますか?」をきいており、484名(71%)が「はい」と回答、約7割が他人事ではないと感じていることが明らかになった。

次に現在育児中の方に、「育児でストレスを感じた時、虐待とまではいかなくても、子どもに当たってしまった経験はありますか?」という質問には、366名(63%)が「はい」と回答した。


続きを読む

映画『きみはいい子』が描写する誰にでも起こり得る話

現在公開中の映画『きみはいい子』を鑑賞した。
http://iiko-movie.com/

中脇初枝氏による同名の小説を映画化した本作品は、虐待、ネグレクト、学級崩壊、高齢者の独居など、いまの日本が抱える社会問題がテーマ。


監督の呉美保氏は、脚本家・CMディレクターとしても活躍する30代の女性。
前作『そこのみにて光輝く』では、地方の貧困、親の介護など、重い題材をえぐり出すように描写し、国内外の映画賞を受賞するなど注目を集める存在だ。

前作の感動も鮮明に残っていたので、『きみはいい子』はどんな風に描かれるのか、公開を楽しみにしていた。
続きを読む

子への苛立ちは断ち切れるか?――母が子を正論で追い込む

「もういいよっ、どうせ聞く気ないんでしょ、何度言ったって無駄なんだから! もう勝手にしなよ! だいたいいつもさ……そもそも自分の事に責任持ちなよ……」

あぁ、今日は朝からやってしまった。
これが母から子への苛立ちに満ちた言葉のスタートだ。そして理詰めの追及が延々と続く。



■母が子を正論で追い込む


子どもを大人が正論で追い込むのは実に簡単だ。圧倒的に大人が強い。

正論は人を追い込みすぎること、時に現実的でないことを知っているから、通常の人間関係でそれを振りかざさないよう、結構気をつける。でも、子ども相手にこれが止まらない。

自分の満足行くところまで徹底的に言葉で追い込み、子どもが理解できる範囲はとっくに超え何の効果も生まない……母親自身、こんなアプローチが最悪なのは100%自覚している。まったく大人気ない。

そんな妻を目撃して、「これはヤバイ、どうなってるんだ?」と当惑し、逃げるように出勤する夫の皆さんもきっと多いだろう。

これが子どもの日常だとしたらきつい。逃げ場がない。だけど、親は実に簡単にここに落っこちる。続きを読む

文月メイ『ママ』に薄氷を踏むわが身を思う

このところネットでは、ある新人歌手のデビュー曲の歌詞が話題となっている。文月メイさんが歌う『ママ』という曲だ。



千葉県出身の女性シンガーソングライターによるこの曲は、彼女自身が描いたイラストで構成されたミュージックビデオが今年3月にYouTubeに投稿されて以来、再生回数が120万回を超えている。これは新人歌手としては異例の数字だそうだ。


この楽曲のテーマは、児童虐待。
虐待を受けた子どもから、ママへの気持ちが歌詞に綴られている。

10月のデビューに先駆け9月から有線で放送する予定だったが、歌詞がショッキングであるあまり、放送が見送りになっていた。

楽曲そのものに対する賛否をはじめ、有線での放送が延期になったことの是非など、さまざまな方向からの議論が巻き起こっている。

続きを読む

大分の2歳女児行方不明事件で母親を逮捕、ネット上では事件直後から母親に疑いの目

昨年9月13日に発生した、大分県日出町のスーパーに母親と一緒に車で買い物に来ていた2歳女児が、同スーパーの駐車場から姿を消したという行方不明事件。5ヵ月近くたった昨夜に大分県警が、被害女児の母親を死体遺棄容疑で逮捕したという報道が衝撃を呼んだ。

ちなみに事件当時の報道によると、母親は駐車場に止めた車に子どもを残してスーパーで買い物をしていたが、5分ほどして車に戻ってきたところ、すでにいなくなっており、警察に通報したという。またその後、被害女児は足が不自由で1人で歩くことが困難であったことも報じていた。
ohita

▲大分県警による捜査協力依頼

現時点では死体遺棄容疑による逮捕であるが、事件直後からネットでは、暗に母親の犯行を疑う声が端々に見られていた。続きを読む

乳幼児虐待根絶へ 産後うつ実態把握で産婦の7%が「要支援」

慣れない出産・育児を自治体でサポート

乳幼児の虐待を防止するために長崎県が出産直後の全産婦を対象に産後うつなどを統一質問表でチェックする事業を4月から始めた。これによると、佐世保市では半年間で出生数の7%に当たる母子が「支援が必要」と判断された。

出産後間もない産婦は育児不安や披露から深刻な虐待事件につながるケースもある。リスクのある家庭を把握し、保健師と連携して早期からのサポート体制を作ることを目的としている。

全国では岩手県につぐ2県目の実施で、厚生労働省はその成果に注目している。

fedc0b23b63e9a37075cb72a8ce8c1d0
※イメージ

続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



最新記事
月別バックナンバー
スタッフ紹介

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

中村雅子

北欧デザインに魅せられ、日本人の夫と共にヘルシンキ在住。ショップ運営をしながら現地での子育てを満喫中。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

山本 佑美

フリーライター。ネットを主軸に結婚、出産、子育てにまつわるあらゆる情報を収集、分析、発信。家族は夫と娘、江東区在住の愛鳥家。

フォルク津森陽子

パティシエ修行で来たパリ滞在後、そのまま現地で一児の母に。現在はフランス人の夫の仕事を手伝いながらパリで子育て奮闘中。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク