リクルートが運営する情報サービス「カーセンサー」では、未就学児を持つママを対象に「クルマのある生活調査2015」を実施、その結果を発表した。調査対象は首都圏(一都三県)、愛知県、大阪府に在住の20代~40代の女性900名。

調査結果によると、クルマを運転するママの、子ども連れでないときの最も利用する交通手段は「クルマ」が51.1%である一方、子ども連れになると「クルマ」を選択するママが70.4%と、19.3ポイント増加することがわかった。

子どもを連れているときに最も利用する交通手段を「クルマ」と選択した理由(複数回答)について、最も多かった回答は「自由に移動できるから」(62.3%)で、「早く移動できるから」(58.5%)が続き、以下、「疲れずに移動できるから」(54.0%)、「天候に左右されにくいから」(43.0%)、「安心して移動できるから」(37.0%)があげられた。


続きを読む