MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

離乳食

混ぜて冷やすだけのかんたん手づくり「赤ちゃんのぷちアイス」新発売

ピジョンでは、ベビー用として初となる手づくりアイスの新商品「赤ちゃんのぷちアイス」の発売を開始した。

image

これまでベビー用のおやつには、ぼーろ、ビスケット、ゼリーなど多種多様であったが、ベビー用アイスは初めてとなる。同商品は赤ちゃん向けに乳脂肪50%オフ、甘さも控えめで、保存料不使用。アイスの素に牛乳もしくは育児用ミルクを加えて混ぜて、冷凍庫で冷やすだけのかんたん手づくり。
続きを読む

ママたちの結婚前の料理経験、「ほとんど経験ない」が4割

森永乳業では、同社が開設している無料の育児相談窓口「エンゼル110番」への相談内容から、「エンゼル110番レポート」を発行して、毎回育児に関する傾向についてまとめることで、時代とともに変化する母親像の理解に役立てている。

最近の電話相談では、離乳食の調理について相談するママたちと、電話を受ける相談員(保健師、管理栄養士、心理相談員等)との間で、料理に関する知識のギャップの存在がわかったことから、このたび電話相談のママ100人を対象に、結婚前の料理経験などについての聞き取り調査を行い、その結果を発表した。

レポートでは、まず結婚前の料理経験について報告されており、「ほぼ毎日作っていた」(20人)、「週に4~5日作っていた」(9人)を合わせて、≪日常的に料理を作っていた≫ママは100人中29人と約3割だった一方、「作っていなかった」(23人)、「週1日以下」(20人)を合わせた43人が、≪ほとんど料理の経験がない≫ママであることが明らかになった。

ちなみに調査対象の過半数となる52人のママが一人暮らしの経験があり、結婚前に日常的に料理を作っていた29人のうち、21人が一人暮らしの経験があるママであることもわかった。

続きを読む

香川県、子どもが食べやすいうどん「イク麺」キャンペーンを開始! うどんレシピも公開

「うどん県」としても名高い香川県では、「食べやすさ」「ゆでやすさ」の観点から短くカットしたうどんを、子育て応援おうどん「イク麺」と名付け、その見本をプレゼントするキャンペーンを開始した。


「イク麺」は、子どもの食べやすさを第一に考えて作られており、赤ちゃんが食べやすい3センチにカットしているのが特徴で、最初から短く切れていることで麺をカットする手間が省かれ、普通の麺より少ないお湯で調理ができる。

続きを読む

管理栄養士ママの知恵、時短調理にフリージングのススメ

かれこれ私は、娘のお弁当を幼稚園~小学校卒業まで9年作り続けてきました。そしてこの春、娘は中学生となり、きっと高校もお弁当だろうから、これから6年。さらに小学1年生となった息子が、中学・高校となれば、さらにそこから6年。私は合計21年もほぼ毎日、弁当作りをする計算です。まだまだ折り返し地点、しかも量が増えていくのでしょう。

さて、私は管理栄養士なので、「お弁当がおいしそう」とか「栄養バランスがとれそう」とか「手間をかけていそう」などとよく言われます。しかし実際は、キャラ弁は作りませんし、手間をかけた料理に限って残されるという洗礼を受け、あまり頑張らないことにしました。いえ、正直に言いましょう。手抜きしています。

お弁当には好きなものを多く入れることにしているので、毎日決まって卵焼き、あとは、から揚げや肉だんご、コロッケなど、子どもが大好きなメニューは高頻度で入っています。いたって普通のお弁当を9年間作ってきました。

しかし、ひとつだけ、ちょっとしたコツがあります。
それは、「野菜を事前に調理し、冷凍しておくこと」です。

よく言われることなので、誰でもしていることかもしれません。または「そんなことはわかっているけれど、その準備をする時間がないんだよ」という声も聞こえそうです。

わかります。でもそれをするだけで野菜を簡単に取り入れることができ、1品増やすことができるのです。


続きを読む

和風デザインの日本製「耐熱ガラス製 離乳食調理器」4アイテムが新登場

コンビでは、レンジで簡単に作れるスタイリッシュな和風デザインの「耐熱ガラス製 離乳食調理器」4アイテムの発売を開始する。


月齢ごとに固さの違うおかゆがレンジで簡単に調理可能な「おかゆ椀」(1,600円+税)をはじめ、取っ手付きで加熱後も持ちやすい設計の「離乳食がま」(2,000円+税)、瓶に4種のレシピが印刷されて本格だしが簡単に作れる「だし瓶」(1,700円+税)、お米から三角や俵形のこむすびが一度に4個ずつ作れる「こむすび鍋」(3,800円+税)というラインナップ。

続きを読む

子育ての悩みはらせん階段を上るがごとく

困った。娘が野菜を食べない。

離乳食の時期は差し出したものを何でもぱくぱく食べ、「よく食べるね~、ほんと食べるのが大好きだね~」と喜んでいた私たち夫婦。

1歳を過ぎ、離乳食から大人の食事とほぼ同じものに移行し、調理も楽になってよかったよかったとほっとすること数ヵ月。しかしここ最近、意思表示がかなりハッキリしてきて、食べ物もイヤなものは拒絶する素振りを見せるようになった。


野菜を食べさせようとすると首を横に振り、それでもあーんと食べさせようとすると手で振り払う、もしくは私に差し出して代わりに食べろと強要する。

だいたいこれくらいの月齢だと野菜が嫌いな子どもが多いということは聞いていたし、ネットでも「野菜嫌いな子にはこうやって対処しましょう!」と、野菜を食べさせるためのレシピやテクニックがたくさん載っている。

ご飯に混ぜる?お味噌汁に入れる?お焼きのようなものを作って中に混ぜ込む?
トライしてみて成功するときもあるが、大抵は「こ~れ~か~!!!」みたいな顔をして口から野菜を取り出す。

そして「はい、バレましたか……」とうなだれるのであった。

続きを読む

THERMOSブランドから2ウェイタイプの保冷離乳食ケース

魔法びんブランドとして知られる「THERMOS(=サーモス)」では、手作りの離乳食をお出かけにも持ち運べ、マグにもなる2ウェイタイプの「保冷離乳食ケース&ケータイマグ」の発売を開始した。


同商品は、真空断熱構造のステンレス魔法びん本体に、冷やした離乳食が入った内容器を入れて外出先に持ち運べるもの。内容器は、冷凍可能・電子レンジ対応なので、外出先で冷凍・保冷した離乳食を温めて食べさせてあげることができる。続きを読む

JALホテルズで和光堂ベビーフード無料提供キャンペーン開始

JALホテルズでは、乳児連れファミリーの宿泊客を対象に、和光堂のベビーフード「グーグーキッチン」を無料提供するサービスを開始した。


本サービスは、離乳食を荷物として持ち歩く心配や苦労なく、旅行を存分に楽しめるよう企画されたもので、実施対象となるのは国内の5ヵ所(ホテル日航成田、ホテルJALシティ四谷 東京、ホテル日航金沢、ホテル日航ハウステンボス、ホテル日航八重山)。
※キャンペーンのため、提供在庫数がなくなり次第終了

続きを読む

クックパッドが『ベビー&ママ』カテゴリを開設

料理レシピ投稿・検索サイトの「クックパッド」では、新たに『ベビー&ママ』カテゴリを開設した。同カテゴリは、専門家がレシピを厳選して集めたコーナー「プレミアムカテゴリ」において、プレミアム会員(月額294円[税込])向けに提供される。

続きを読む

【コラム】「子のため」の飯炊きの日々が辛いワケ ~授乳期からつづく系譜~

我が家の小学生が夏休みに入った。夏休み、母親として何が辛いといって、その小学生の昼飯作りに尽きる。給食という制度の有り難味に心から平伏したくなる瞬間が毎昼のように訪れる。いつもなら夕飯だけに頭を悩ませればよかったものが昼飯まで……ハッキリ、重圧だ。


だいたい中年真っ盛りな母親のヤワな胃腸に対し、成長期まっただ中にある小学生女子の食欲はあまりにも容赦ない。昨年(小学3年生)までは学童にお世話になっていたものだが、そのとき持参させていたお弁当からしてもう、過日の園児弁当の面影は無い。見た目も量もがっつりを所望、量的には既に父親に持たせる弁当を凌駕していた。

その点でいえば今年は、お弁当じゃないだけ手間からしたらマシである。諸般の事情で「作れなかった」場合にもリカバリが効く。実際、母親の体調が思わしくないとなれば子はあっさりお使いを申し出てくれる。しかし買って来られる量と金額のことを思うと、母はムクリと起きあがらざるを得ない。

まあどっちにしても、「お腹いっぱい食べたいのー!」と所望されること自体、どうも親にとってかなりなプレッシャーとなっていることに、最近になって気づいた。果たしてこの「おなか一杯にさせて!」という、要求の持つ圧力……この根源に思いを馳せるだに、間違いなく「授乳」のあの頃にまで遡ることができる……気がするのである。続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi
Amazonライブリンク