MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

親になったから、見えるものがある。

離婚

「いい夫婦の日」調査、約8割が夫婦円満も約3割に離婚危機の経験、夫婦円満のための心がけは年代別で傾向が分かれる

マーケティングリサーチ企業のクロス・マーケティングでは、11月22日の「いい夫婦の日」にあたって、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「いい夫婦に関するアンケート」を実施、その結果を発表した。有効回答数は既婚者1000サンプル。

まず、≪今のパートナー(結婚相手)との結婚生活は円満だと思いますか≫という質問には、「とても円満だと思う」(32.8%)、「まあまあ円満だと思う」(52.3%)を合わせて、全体の85.1%が「円満である」と回答した。結婚期間別に見ると、「1年以上5年未満」で90.8%、「5年以上10年未満」で84.4%、「10年以上20年未満」で80.8%とやや減少傾向だが、「20年以上」では84.6%が円満と回答し、おおむね8割以上が円満であると自認していることがわかった。


続きを読む

出生数の減少傾向が若干ゆるやかに

厚生労働省は、前年2013年の人口動態統計の年間推計を発表した。その結果によると、昨年の出生数の推計は103万1000人であり、2012年確定数の103万7231人から減少し、例年どおり今回の統計においても、戦後最小を更新することが明らかになった。

ただし、2010年から2011年にかけては2万人あまりの減少で、2011年から2012年にかけては1万3000人あまりの減少であったことから考えると、若干ではあるが減少がゆるやかになっているようだ。



なお、婚姻数は66万3000件と前年から約6000件の減少、さらに離婚数は23万1000件でこちらも約4000件の減少で、離婚率については2002年をピークに着実に減少傾向となっている。

続きを読む

未成年の子を持つ離婚夫婦の半数近くが養育費と親子面会の取り決めせず

裁判や調停を利用しない「協議離婚」で離婚をした夫婦は、離婚者全体の約9割を占めているという。一方で、法務省の調査によると、2012年4月からの1年間で未成年の子がいる夫婦の離婚届の提出は13万1254件で、そのうち親子面会の方法を決めていたのは55%、養育費の分担を取り決め済みだったのは56%であり、裏を返せば離婚夫婦の約半数がこうした取り決めをしていなかったことになる。

アディーレ法律事務所によると、協議離婚をした夫婦においては、「もう話もしたくない」「顔も見たくない」という感情的な理由から拙速に離婚届を提出した結果、こうした重要な取り決めをしないまま相談に訪れるケースがみられるという。

続きを読む

【寄稿】『オトナ婚です、わたしたち』 ~形にとらわれない“つがい方”をする女性たち~


半同居婚、おめでた事実婚、子連れ初婚、女×女婚、役割逆転婚、お見合い婿入り婚、浮気容認婚、じゃんけん妻氏婚……。

拙著『オトナ婚です、わたしたち』では、形にとらわれない結婚=「オトナ婚」をする女性たちに、そこにいたるまでの経緯や、いまの生活について、本音で語ってもらっています。ゲイ男性と結婚している中村うさぎさんの原稿も、収録させていただきました。

わたしがこの本を書こうと思ったのは、結婚ってなんなのか、どうしたら相手とうまくつがっていけるのか、ということを知りたかったからです。わたしは離婚を経験しているので、「それが分からないと次回もヤバイ(汗)」と思ったから。

一般に「結婚」というと、入籍や同居、結婚式などがイメージされますが、本当にそれが「結婚」なのか? むしろ、そういった型をはずして「つがう」人たちに話を聞いたほうが「結婚の本質」がわかるんじゃないか? そんなふうに思い、取材を始めました。

続きを読む

【英国発】大富豪セレブが「ツイッター離婚」!英国を賑わせた劇場型離婚劇は“子どものことを第一に”で収束

英女王即位60周年記念式典の興奮と酔いも冷めやらぬ中、先週一週間は英国の新聞もゴシップ誌もまだまだみんな大忙し。というのも、英国の上流社交界を代表する大富豪家出身の若きセレブカップルが、3人の子どものみならず警察やら黒人ラッパーやらツイッターフォロワーやらを巻き込んで、派手な離婚劇を繰り広げたからである。

かたやユダヤ系大富豪、故ジミー・ゴールドスミス卿の息子、ベン・ゴールドスミス(31)。英上流社交界の華、貴族の血筋をひくアナベルとの間の末息子で、親二人も社交界の名士でありながらスキャンダラスな人生を送った。

本人は(上流階級の常で)イートン校を卒業して何不自由なく育ち、父の莫大な遺産を相続した後は資本家、社会・環境活動家として「有意義に遺産を運用する人生」を送っている。



続きを読む
フリーワード検索


MAMApicksソーシャルアカウント



月別バックナンバー
執筆者一覧

MAMApicksって何?

編集長:深田洋介

学研の編集者を経てネット業界に。育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。思春期の娘の父。

藤原千秋

おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。2001年よりAllAboutガイド。三女の母。

河崎環

教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。

江頭紀子

経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。二女の母。

狩野さやか

ウェブデザイナー。自身の子育てがきっかけで親の直面する問題を考えるようになり、現在「patomato」を主宰しワークショップも行う。

恩田和

新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。育児、教育分野の取材を続ける。南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。

西澤千央

フリーライター。二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。「サイゾーウーマン」等でも執筆。

川口由美子

管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。現在は雑誌やWEBで活動。夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。二児の母。

ワシノミカ

フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。二児の母。

真貝友香

ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。

大野拓未

米・シアトル在住。現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。家族は夫と2010年生まれの息子。

福井万里

大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。

大塚玲子

編集者&ライター。編プロや出版社勤務経験後フリーに。結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。

加治佐志津

絵本と子育てをテーマに執筆。これまでに取材した絵本作家は100人超。家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。

西方夏子

フィンテック系企業に所属。ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。

森田亜矢子

コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。

望月町子

子どもが1歳半になったころから“子連れ出勤”を開始、日々をブログ「1歳からの子連れ出勤」に綴る。夫と娘の3人暮らし。

斎藤貴美子

コピーライター。得意分野は美容。最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。これからの家族旅行は酒蔵見学。二児の母。

今井明子

編集者&ライター、気象予報士。母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。
MAMApicks執筆陣の書籍
ニュース配信中
livedoor
ameba
mixi