JAF(日本自動車連盟)が、小学生(6~12歳)を乗せて運転する機会のある自動車ユーザーを対象に調査を行ったところ、「ジュニアシートを使用していない」と回答した人が75.0%を占めたことが明らかになった。

現在、6歳未満の幼児を車に乗せる場合はチャイルドシートの使用が法律により義務付けられているが、一方JAFでは、大人用シートベルトの適合身長は140cm前後以上を推奨している。つまり、【6歳以上で身長が140cm以下】という小学生の場合、ジュニアシート(学童用チャイルドシート)を使用していないということは、体格に合わないシートベルトを着用しているのと同じことである。

このため、JAFではジュニアシートの使用有無による危険性を検証する、ダミー人形による衝突事故テストを実施し、その動画を公開した。


続きを読む