香港の一流ホテル・フォーシーズンズ香港や会員制クラブなど、選ばれた場所でのみ販売され、ヨーロッパや香港のセレブリティの間で話題になってきたベビー&キッズブランド「marilogan(マリローガン)」が、日本に上陸した。

Marilogan
「marilogan」が生まれたのは、3年前の香港。創設者は当時、一人のママとして香港の街で子育てをしていたマーガレット東瀬さん。彼女は我が子のために洋服を探し、買っていくうちに、自ら「こういう洋服を作りたい!」と思いたち、手作りで服作りを開始した。オーダーメイドで作っていたところそれが話題になり、本格的にブランドを立ち上げることとなったのだ。

主にセレブ層をターゲットにし、一流ホテルやメンバーシップ制のスパ限定で販売を開始したところ、ヨーロッパをはじめとした世界各国から来る観光客からの反応は上々。
その中でも特に目立っていたのが、日本人観光客からの支持。そこで彼女は、母国である日本へ家族と一緒に移り住み、今年11月、日本に本格上陸となったのだ。六本木ヒルズ内ですでに期間限定でオープンしているショップは、2012年4月まで出店する予定。

これまでの子供服にはないラグジュアリーさを持ち、ビジネスの場にもふさわしいデザイン、出張などにも便利な軽さや持ち運びやすさも考えられている。
世界中のセレブに支持される“ホンモノ”の子供服は、愛する我が子に一度は着させたい逸品だ。

marilogan(マリローガン)

FQ JAPANFQ JAPAN
2006年創刊。雑誌、ウェブサイト、イベントを通じて父親向けの子育て情報を紹介するイクメン雑誌。旬のベビーカーやチャイルドシートなどの育児アイテムから、マタニティ&ベビー向けの基礎知識、ファッションに至るまで様々なライフスタイルを提案。「男の育児 online