NHKは1月23日の放送総局長会見で、平成25(2013)年度の新番組を発表した。なかでも注目を浴びているのが、NHK BSプレミアム(※Eテレではミニ版)で放送される『おとうさんといっしょ』である。

NHKの発表資料には、「『おかあさんといっしょ』に、夫婦番組(?)が登場」との記載が。コレは「フウフバングミ」じゃなくて「メオトバングミ」と読みたい。「ミョオトバングミ」でも可。

「おとうさんといっしょ」は「週末の“イクメンお父さん”」に向けての番組だそうだが、現在発表されている主な内容は、ホームページによると以下のとおり。

おはなし「レオレオれーるうえい」
故障ばかりの蒸気機関車DD51がのんびり走る鉄道会社レオレオれーるうえい。終着駅では、ふしぎないきもの「シュッシュ」と「ポッポ」が毎日賑やかに暮らしています。そんな日々にちょっとヘンテコな出来事が巻き起こり、シュッシュとポッポの冒険がはじまります。「ドタバタな日常」と「ちょっと不思議な出来事」を、ユーモアと音楽たっぷりに描く楽しい物語です。

親子でいっしょ!「イチジョウマン7」
週末のお父さんを応援する新ヒーロー誕生!「遊びたいエナジー」満タンで全国の親子のもとへ駆けつけるのが「イチジョウマン7」です。ダイナミックな身体あそびや自然の中での冒険、ボールあそびで、いっしょパワー全開!親子であそぶヒント満載のコーナーです。

いっしょ!に歌おう「駅の音楽会」
駅の待合室では、元気なこども達と音楽会♪童謡や手遊び歌や「おかあさんといっしょ」で人気の歌、番組のオリジナル楽曲も続々登場する音楽会のスタートです。

おそらく本家の『おかあさんといっしょ』と同様に、人形劇・歌・体操の三本柱を中心に構成する模様。お父さんといえば男の子、男の子といえば乗り物……というど真ん中直球ストレートな発想とみた。

そして蒸気機関車がメインキャラなので、歌のコーナーは「駅」が舞台。もしも本家のように番組が長く続くのであれば、「ぼくらのロコモーション」「きしゃ」「おしゃべりきかんしゃ」がヘビーローテーションでオンエアされそうな予感。

さらにさらに! あのイチジョウマンが復活するらしい。
イチジョウマンとは、『おかあさんといっしょ』や土曜版の『おかあさんといっしょ あそびだいすき!』で、佐藤弘道おにいさん(先代の体操のおにいさん)が演じていた親子体操の達人である。

弘道おにいさんといえば、おそらく「おかあさんといっしょ」史上、一番視聴者のママさんたちに愛されたおにいさんと言って過言ではなかろう。彼が帰ってくるとなればこれはタダゴトじゃ済むまい。まつりだ。体操まつりだ。イチジョウマンフェスティバルだ。


2000年にBSハイビジョンで放送していた『もっとモットおかあさんといっしょ』は、当時BSデジタル放送を受信できる家庭が少なかったせいで、あまり話題にならなかったが、今なら大丈夫。アナログ放送からデジタル放送に移行したおかげで、BSを受信できる家庭は圧倒的に増えている。

弘道おにいさん10年ぶりのBS&5年ぶりの「いっしょ」への復活ということで、さぞや盛り上がるに違いない。

……あれ? 「週末のお父さんを応援する新ヒーロー誕生!」って書いてある……。

もしかして、かつて弘道おにいさんが演じていたイチジョウマンとは別人だったりして? 現役の体操のおにいさんの小林よしひさおにいさんが二代目イチジョウマンを演じるという可能性は? 日体大の先輩・後輩だし。

あるいは『BSおかあさんといっしょ』の体操のおにいさん、恵畑ゆうおにいさんが二代目イチジョウマンになるかも?

いやいや、フレッシュな新人おにいさんの登場も充分ありえるぞう。
もしも二代目イチジョウマンが登場するのであれば、夏休みの特番とかで、初代イチジョウマンと共演したりして……などと夢はふくらむというものである。

そして、なんといっても気になるのが歌のコーナー。
一体、どんなおにいさん・おねえさんが登場するのだろうか。


イクメンパパを応援する『おとうさんといっしょ』ということで、子育て中の男性タレント、パパのイメージの強い男性タレントが起用されるような気がするのだが、そこで真っ先に思いついたのがぐっさんこと山口智充。

歌が上手でモノマネができて絵や書を描くのも巧い。ルックスもいかにも頼りがいのあるパパだし、実際に2男1女のパパでもある。まさに『おとうさんといっしょ』にピッタリの人材ではないか。

ところがぐっさん、すでに『エビバディ!Good学園』(女性チャンネル♪LaLa TV)という「ママもキッズも楽しめるバラエティ番組」にメインMCとして出演中なのだった(園長先生という設定らしい)。ダメか、ぐっさん。この人しかいないと思ったのになあ。

じゃあ、AMEMIYAはどうだろう。
ギター弾き語りの「冷やし中華はじめました」のネタで、「R-1ぐらんぷり2011」準優勝の芸人である。だいぶ前から「この人は将来『おかあさんといっしょ』の歌のおにいさんになるべき人材」と勝手に思っていた筆者。歌えてギターが弾ける上、なんとなく歌のおにいさん感が滲み出ているルックスがいい。34歳という年齢もちょうどいい。

おにいさんがAMEMIYAなら、おねえさんはニッチェ・江上(大柄な方)だ。
歌がうまくて子ども好きしそうなルックス。AMEMIYAおにいさんの印象が若干暗いので、そのぶん明るく元気に番組を盛り上げてくれそうである。

……って、なんでお笑い芸人でおにいさん・おねえさんを揃えなければならないのよ。
たぶんオーソドックスに、音大出身のおねえさんとか、歌手が本業のおにいさんとかになるよね。あとは『おかあさんといっしょ』に過去に出演していたおにいさん・おねえさんとかね。

でも、ここ10年くらいのNHKのバラエティへの傾倒っぷりはなかなかのものなので、BSで週1の『おとうさんといっしょ』なら、冒険的なキャスティングもおおいにありえる気がするのだ。3月の事前特番(3月24日・31日)に向けて徐々に情報解禁してくるだろうから、ワクワクしながら待つとしよう。


ついでに個人的な希望としては、お正月特番で14年ぶりに『おかあさんといっしょ』に登場した古今亭志ん輔師匠&ヘビくん・ブタくんのコーナーを、ぜひ『おとうさんといっしょ』で復活させてほしい。月1でもいいからお願いしますよ、NHKさん。

みやしたゆきこみやしたゆきこ
昭和37年東京生まれの呑気系ライター。時々イラストも。平成7年に個人サイト「東京福袋」開設、平成12年に著書「教育テレビの玉手箱」「おかあさんといっしょのあ・い・う」刊行。馬鹿魂を磨くべく日夜昼寝に励んでいる一児の母。日経PCオンラインにて「iPhone様と私」連載中。